Top > ヘアカラー白髪染めの仕組み > ヘアカラー白髪染めの仕組み

ヘアカラー白髪染めの仕組み

ヘアカラー、ヘアマニキュア、そして一時染め。
白髪染めには大きく分けて3種類あり、それぞれ染まり方や染まる仕組みが異なります。

ヘアカラーは、もっとも一般的な白髪染めで、髪の毛の内部まで色素を浸透させることができます。

キューティクルを薬剤によって開き、色素を閉じ込めるという方法によって染めるので、一度染めると色素が抜けにくく長持ちするのですが、中には薬剤によるアレルギーを起こすことがあるので注意が必要です。

髪や肌が弱いという方には、ヘアマニキュアで染めるという方法もあります。
ヘアカラーに比べると色素の持続性は劣りますが、髪が傷みにくいのです。

ヘアマニキュアは、その名の通り髪の毛の表面をマニキュアのように覆うので、髪につやを出す効果もあります。

一時染めもヘアマニキュアと同じく髪の表面に着色させるものですが、こちらはシャンプーで簡単に洗い流せるのが特徴です。

ヘアマニキュアはキューティクルの最下層に色素を定着させる方法なので、2?3週間ほどは色合いが持続します。
しかし、一時染めは髪の本の表面のみの着色なのですぐに落ちてしまうのです。

ヘアマニキュアが髪のマニキュアならば、一時染めは絵の具のようなものだと理解してください。

オススメ超お勧めヘアカラー白髪染め

利尻ヘアカラー  完全無添加の白髪染め!!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラーは、髪を傷めることのない完全無添加の白髪染めです。1回の使用あたり5分で美しくそしてきれいに染まるという非常に即効性があるのが人気の秘密。

また、使い方についてもシャンプー後のトリートメントとして使用するだけになっているので、手袋など着用する必要もありません。簡単でそしていつでも理想のカラーでいられますヘアカラーです。

価格 内容量 男女 評価
\3,150 200g 男女兼用 ★★★★★
詳細