Top > ヘアカラーとアレルギー > ヘアカラーとアレルギー

ヘアカラーとアレルギー

ヘアカラー白髪染めによる皮膚や髪のトラブルの多くは、アレルギー反応によるものだと言われています。
髪を染めるためには、薬剤によってキューティクルをいったん開き、髪の内部に色素を入れる必要があります。

人体にとっては異物である染料を、強引に髪の内部へ押し込まれるという異常事態に、私たちの体が過剰に反応してしまうのです。

異物が入り込みそうになると、私たちの体に備わって免疫機能は異物を倒すべく攻撃を始めるのです。
その反応は、異物である染料だけでなく、自分の体も傷つけてしまうので、アレルギー反応として体にトラブルが発生するというわけです。

ヘアカラーによるアレルギーの多くは酸化染料の成分である「パラフェニレンジアミン」によるもので、この成分を含んでいない白髪染めにも似たような成分が含まれていることが多いので注意が必要です。

髪の痛み、皮膚の湿疹やただれならまだ軽度と言えるもので、中には劇症性のアレルギー反応である「アナフィラキシー」が起こる場合もあります。

呼吸困難や頻脈となり、最悪の場合命を落とす危険性もあるのです。

もともとアレルギー体質の方だけに限らず、急に反応が現れることがあるのがアレルギーの恐ろしいところです。
「私は大丈夫」と染め続けた結果、ある日突然急激なアレルギー反応に襲われるということもあるので注意が必要です。

オススメ超お勧めヘアカラー白髪染め


利尻ヘアカラー  完全無添加の白髪染め!!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラーは、髪を傷めることのない完全無添加の白髪染めです。1回の使用あたり5分で美しくそしてきれいに染まるという非常に即効性があるのが人気の秘密。


また、使い方についてもシャンプー後のトリートメントとして使用するだけになっているので、手袋など着用する必要もありません。簡単でそしていつでも理想のカラーでいられますヘアカラーです。



価格 内容量 男女 評価
\3,150 200g 男女兼用 ★★★★★
詳細